運行管理者試験の難易度

運行管理者試験の難易度運行管理者試験

運行管理者試験の難易度はやさしいほうです。資格試験のなかでは比較的簡単に合格することができます。

合格率だけ見ると約3割が合格といった普通程度の試験に思われます。しかし、運行管理者試験は運送会社などの会社が強制的に試験を受けさせる傾向があるので、試験対策をしていない人も多く受験するのです。

そのため、会社から指示されたから仕方なく試験会場に来て受験した人も少なくありません。これは運行管理者試験が運送会社などで必須の免許だからなのです。運行管理者試験の難易度はやさしいほうだといえますが、まったく試験勉強をしていなくて合格するほど簡単ではありません。

運行管理者の基本的な知識があれば約1ヶ月、初学者であれば約3ヶ月あれば十分に合格することができます。ですので、試験対策をした人の合格率は約半数くらいにはなるのではないかと予想しています。

運行管理者試験を検討している人はしっかりと試験対策をして望んでください。

コメント