運行管理者試験の書籍一覧

運行管理者試験の書籍選び運行管理者試験

運行管理者試験の書籍一覧です。過去の書籍は法令が変更しているので使ってはいけません。

次回の試験に使える書籍だけを集めた一覧です。書籍のスタイルについても解説していますので購入する参考にしてください。

運行管理者試験のテキストの選び方

効率よく勉強し合格するためには自分に合った書籍を選ぶ必要があります。詳しく書いてあるからといって初学者が難易度の高い書籍を選んでも難しすぎますし、試験の総まとめをしたい人が、カラー解説の初心者向けの書籍を読んでもムダになります。

大切なのは今、自分が必要な情報はなんなのかを知ることです。まったくの初めてで試験の概要を知りたいのか。ある程度学び始めて学習効率が上がっている時期なのか。試験に望む総仕上げのためなのか。その人それぞれによって最適な書籍選びがあるのです。

自分に合った書籍が分からない人におすすめの書籍をズバリ紹介します。

初学者にはユーキャンの書籍がおすすめです。カラーページとイラストを多用した内容は初心者にとてもわかり易く説明されています。

運行管理者に慣れていたり、少し理解している人は公論出版の書籍が最適です。網羅性と過去問の量、書籍のボリュームの十分な内容となっています。

これらを参考にしながら運行管理者試験に向けてテキストを選ぶようにしましょう。

公論出版

モノクロ印刷のテキストが主な問題集と過去問です。定番のテキストで、過去問も掲載されているのでこれ一冊で運行管理者試験には合格することができます。

解説が地味な点があり、初学者にはとっつきにくいかもしれません。しかし網羅性でいえば一番おすすめのテキストと問題集です。

過去問が掲載されいてますが、カテゴリで集められているので過去の似た問題を一気に解いていくには最適です。逆に模擬試験形式での学習は難しくなっています。

運行管理者試験のことをある程度理解してから取り組んでいくと効果的なテキストだと思います。

運行管理者試験 問題と解説 貨物編 令和2年3月受験版

ユーキャン運行管理者試験研究会 U-CAN

カラーの解説がわかりやすいテキストと問題集です。ユーキャンは通信教育で人気のある教材をたくさん出版しています。そのノウハウが生かされたテキストですので、初めて運行管理者試験に取り組む人に最適な書籍です。

運行管理者試験は法令の試験ですので、とっつきにくい文章が多いです。そのため初めての人にとっては分かりづらい表現があります。その点ユーキャンのテキストはカラー解説とやさしい文体で、イラストを多用したページ構成でとてもわかりやすいと評判です。

運行管理者試験のことを知りたい人や、初めて勉強しようとしている人におすすめの一冊です。

行政書士 武部 宗晴 法令事務センター

蓮見 文孝 秀和システム

輸送文研社 国家試験受験対策研究会

コンデックス情報研究所 成美堂出版

コメント